手作り味噌に挑戦しました。

手作り味噌材料週末に人生初! 味噌の手作りに挑戦しました。

ショップで扱うのは自然農法の大豆と白米麹(乾燥)沖縄の塩 各1kgのセットになります。 塩は1kg入りですが、使うのは500gくらい。残りはお料理にお使いください。

※ 寒いこの時期が味噌造りの仕込みに最適なので、2月末位までの予約販売です。

では・・・手作りの様子です。

■用意するもの

1. 大きめの鍋 1㎏の豆を一晩浸すと約2~3倍に膨れて、かなりな量になります。

⇒ 我が家には大きめの鍋が無かったので2つ使用しました。大きめの鍋

2. ザル 茹であがった大豆の水切りに使用。

⇒ 穴あきのオタマで潰す分量だけ掬って代用もできます。

3. 手作り味噌セット(大豆1㎏ 白米麹1㎏ 天然塩500g)

⇒ 出来上がりの量は約3㎏です。

4. 保存容器 ⇒ エコパラダイスペールを使用しましたエコパラダイスペール

※味噌造りにはカビが発生することがあるので、エコパラダイスペールを使うと安心

ホーロー製の容器、ジップロック、タッパーや木の樽などでもOK(木製の専用樽は毎年味噌を造りたい人に適しているそうです。樽に味噌の麹菌が棲みついて、美味しい味噌が出来上がるとか・・・)

5. 豆を潰すもの

(フードプロセッサーが絶対お薦め! すり鉢とすりこぎ、マッシャ―等)

⇒ 今回は厚めのビニール袋に入れて麺棒で潰しました。・・・大変!疲れました^^;

※より滑らかな味噌がお好みならば、裏ごししましょう。

 

■作り方

大豆を一晩浸す

大豆は米を研ぐようによく洗ってひたひたの水を張った鍋に入れて一晩浸します。

約2~3倍に膨れます。

 

 

大豆を4時間くらいゆでる 力を入れると指で簡単に潰れるくらい柔らかくなるまで煮ます。

最初は強火で、アクがでてきたら掬います。

茹で汁は少しとっておきます。(後で使います)

煮あがったら熱い内につぶします。

大豆をつぶします。 なめらかな味噌にしたい場合はこの時にかなりしっかり潰します。

私は粒々が少し残っている味噌が好きなので、今回は程ほどに潰しました。

潰した大豆の荒熱がとれてから麹と塩をまぶした(塩切りした)ものを入れ、良く混ぜ合わせます。

丸めて容器に叩きつけて詰めます。 団子状に丸めてしっかり握って空気を抜きます。

保存容器にびっしり詰めては平らにならす、を繰り返して詰めていきます。

 

表面にラップをかける 全部詰めたら表面に直接ラップをかけて、新聞紙を載せて蓋をします。

ラップをする前に焼酎を吹きかけてカビ予防をしても良いそうです。

私はエコパラダイスペールを使用したのでカビの心配はそれほどせずに、おおらかな気分で味噌の出来上がりを待つ事にします。

この上に残った塩を袋ごと重しとして載せてもOK。

日の当らない場所で6カ月ほど熟成させて出来上がりです。