TOPへもどる 
 
 

優良事例の福島牧場さん

 
 
EMを導入する前に
 (株式会社EM研究所 畜産マニュアルより引用)

EMが畜産に利用されて、10年以上たちます。当初は悪臭を抑制する目的で使われて
いましたが、数多くの畜産農家が利用する中で様々な効果が出てきました。
生産性の向上、畜産物の品質向上などの家畜に対する直接的な効果と、悪臭抑制、
家畜糞尿の有効利用などの間接的な効果の2つがあげられます。
 この間接的な効果が、環境問題解決にとって重要なカギとなります。
畜産業におけるEM利用の真価は、環境保全型農業ができ、自己完結(リサイクル)型、
永続可能なシステムを確立させることです。
例えば、EMが介在することによって家畜糞尿(有機物)を農地へ省力的に還元でき、
家畜糞尿(有機物)の持つエネルギーを有効利用し、土壌に起こる障害を抑え、
土壌の肥沃化を図ることが可能となり、草地に還元すれば、化学肥料を使わなくても
草地の優良化が図られます。
                  
                                              
 
 来、畜産業といえども農業の一部である以上、土から離れた畜産はあり得ないことを
再認識しなければなりません。
『卵は鶏が生むのではなく、土が生むのである』
『牛乳は乳牛から搾るのではなく、土から取るのである』 という言葉がある様に、
総ての生物は土から生産される有機物によって生かされているのです。
 従って、土台となるのは土であり、土とリンクしていなければ将来にわたって
畜産業の発展はあり得ないと考えています。

                           
 
 産業では悪臭対策が最重要課題ですが、それと並んで家畜の健康維持、病気発生の
軽減も大きな課題です。
 この課題を解決するためには、基本的な飼育管理による良好な飼育環境を維持
することが基本となるます。
 しかしながら、生産性を上げるための過度な密飼いは、ストレスからくる病気などの
障害を引き起こす原因となり、その対策として抗生物質の多投や消毒剤の多用という
悪循環に見舞われているのが現状です。
 家畜からみると、このような状況は決して良好な環境とは言えません。
現在の経営環境からは難しい現状にありますが、出来る限り飼育管理の環境を改善する必要があります。
                
 
 来動物は、野に放たれ自由に生活し、良い自然環境に中で健康に育っています。
その理由の一つには、土と接することにより多種多様の微生物と出会いながら、
生活をしていることがあげられます。
しかし、現在の畜産業の飼育形態ではそれは難しく、土と家畜が離れてしまっています。
それを補うのがEMです。
EMは、土壌から抽出した有用微生物の集合体です。
このEMを家畜に応用することによって、土と出会うことと同様の条件を整えることが
できます。
これがEM活用の原点です。
生きとし生けるものは、動物、植物にかかわりなく、微生物と共存共栄しているのです。
植物連鎖の底辺を支えているのは土であり、その中に棲む最少生物の微生物です。
従って、EMは薬剤のような感覚で使用するのではなく、環境(畜舎内外、家畜体内)
改善を目的に使用しなければなりません。
また、EMは生き物であり、ただ散布さえすれば求める効果が出るものではなく、
EMが働きやすい環境づくりも同時に行う必要があります。
その視点に立ってEMを使用することが、より一層の効果を導き出すために重要と
なります。
                            
 
EMとはEffective Microoganisms(有用な微生物群)の頭文字をとった略語のことです。
EMは、琉球大学農学部の比嘉照夫教授が開発したものです。
EMは空気の嫌いな嫌気性菌と、空気の好きな好気性菌など働きの異なる乳酸菌群・
酵母群・光合成細菌群・発酵系の糸状菌群・グラム陽性の放線菌群等を複合培養
したものです。
これらの微生物は自然界に広く生存しており、ほとんどの菌種が食品加工などに
利用されていますので人畜無害です。
EMは開発以来、微生物土壌改良資材として水稲・野菜・果樹などの栽培に利用され、
収量・品質向上などに活用されてきましたが、糞尿の悪臭公害問題を抱えた畜産業でも、
悪臭抑制に大きな効果を上げる事が確認され、急速に普及が進んできました。
現在では悪臭抑制効果だけでなく、家畜の病気やストレスの軽減、乳質、肉質、
卵質の向上、ハエの発生軽減、牧草の増収、サイレージの品質向上など、さまざまな
効果が確認されています。

               その他詳細は『畜産マニュアル』をご覧ください。
 
   
 
 
 
お問合わせは(有)フォレストまで
TEL:048-526-4817