TOPへもどる
 

HDMシステムとは
・HDMとはHigh Decreasing Microbe-bionicの略語です。(高度減容処理微生物工学)
・微生物を利用して生ごみ等の減容処理を行うシステムです。

・放線菌・糸状菌・油分解菌・リグニン分解菌(動物性脂肪分解菌)などの
 微生物が含まれるコロニーに生ごみ等を投入し、混合することにより、
 生ごみ を微生物 に接触させ、発酵分解を促し、水蒸気として気化させます。

・焼却や埋め立てを行う必要が無いため、環境問題に貢献できるこれからの新しい技術です。
 
住民の快適さと環境対策のために 
◆悪臭苦情が増えて困っている  
◆処理コストが高くて困っている 
 
◆堆肥の在庫量が過剰になり困っている
   




   確     実 ・・・   90%以上の生ごみが確実に減容します。
   悪臭が出ない ・・・ 多種多様な微生物の働きにより、ほぼ無臭です。
 
コロニーの好気条件を整えれば腐敗臭はほとんどしません。
   ローコスト ・・・   焼却および乾燥コストがゼロです。
大きな工事は堆肥舎だけです。
冬も菌床に対する加温は不要です。
   温暖化抑制に貢献 ・・・   焼却しないので二酸化炭素の排出を削減。
   フレキシブル ・・・  目的(減容orリサイクル)に合った処理が可能。
 
 久喜宮代町衛生組合
の例

生ごみの減容



 回収された一般家庭の
生ごみを投入



破袋機でビニール袋を取り除く


ホイールローダーで1日1回撹拌
(生ごみをHDM菌体に
触れさせるため)



24時間で約90%が減容する
 生ごみ残渣の処理
の例

生ごみの堆肥化



野菜くずなどを
コロニーに投入



撹拌機等で撹拌して
熟成させる



コロニーを篩う
(残りはコロニーへ戻す)


良質な堆肥となる


 

篩機

HDMを構成する菌とは

■働き
・有機物を水と炭酸ガス、窒素ガスに分解
・好気性発酵分解菌の集合体


■HDMを構成する主な微生物
*枯草菌 *放線菌 *糸状菌・光合成細菌 *リグニン・セルロース分解菌
*ジュートモナス *その他
   
菌床(菌の住処)に真っ白に張ったHDM菌        分解して蒸発している様子
生ごみは分解され気化して減容します。
     
■設備(ブロワー)
HDM菌は好気性の微生物です。
発酵分解を助ける為に撹拌とブロワーの設置をしています。
ブロワーはコロニーの分解の様子をみて必要な時にタイマーで使用します。 
     
菌床(コロニー)に空気を送る為に堆肥舎にブロワーを設置  写真:(松島清掃公社様の事例) 
 ■HDMコロニーのメンテナンス
月に一度コロニーのメンテナンスを行います。
     
HDMメンテナンスの資材    写真:優良事例:株式会社スギヤマ様 

HDMシステムで処理できるもの・できないもの
 一般家庭からの生ごみ収集には生分解性ビニールを使用します。
下記優良事例を参照ください。

優良事例:久喜宮代衛生組合HPより ゴミの出し方パンフレット例 HDMシステムの紹介
畜産での利用についてはこちら

 

有機物とは

HDMを形成する微生物は有機物を分解します。

有機物について更に詳しくはこちら

その他の設備
■破袋機
発酵分解しやすくするために、大きな物や硬い物等は
破砕してからコロニーに投入します。
その他に水分や油分が多い生ごみの場合
水分調整などが必要になる場合もあります。


久喜宮代衛生組合 破袋機




■分別機


篩機








HDMで上手に処理するコツ

分解しやすい様にコロニーへ投入する前になるべく細かく破砕する
水分が多い場合、投入前に水分を切る
その他、ケースごとに適切なアドバイスを行っています。

地産地消を目指したリサイクルループ

地産地消とは・・・地元で生産された畜産・農産物を地元で消費することによって、
運搬などに伴う様々なコストを削減したり、CO2の削減にも役立ちます。
また、新鮮なものを消費者に提供することができます。



Q&A 
Q1  本当に減容しますか 
  A 確実に減容します。 
Q2 どのくらい減容しますか? 
  A ほとんどの有機物は90%以上減容量します。ただし、割り箸・つまようじ・竹串などの
難分解性有機物は分解に時間を要します。菌床母材の役割を果たしながらゆっくり分解します。 
Q3 どのくらいの面積が必要ですか? 
  A 1トン/1日当たり、80uが目安です。(40u×菌床の高さ2mとして)
                   ※別途作業スペースが必要です。 
Q4 塩分や油分が多いのですが、大丈夫でしょうか? 
  A 大丈夫です。ただし、10%を超える場合は、処理に悪影響を及ぼします。 
Q5 コロニー(菌床)へHDM資材を追加するタイミングは? 
  A 1ヶ月に1度です。 
Q6 菌そのものは変化しないのですか?(菌相は変わらないのか、性質は変わらないのか) 
  A 変化しません。ただし、HDM資材を定期的に投入し、菌の密度を維持する必要があります。 
Q7 連休などで『生ごみ』が入らない日が続く場合は大丈夫ですか? 
  A 大丈夫です。ただし、撹拌は必要です。2日間までは撹拌しなくても問題ありません。 
 

HDMシステム優良事例集
ORS事業menu へもどる

ホーム会社案内会社概念問いあわせサイトマップLINK
有限会社フォレスト tel:048-526-4817 fax:048-527-0147 土日祝日休業