TOPへもどる 
 冬ごもり
ライン  ライン
  虫たちの冬ごもりいもむし君
 残念なことに害虫と呼ばれてしまっている虫たちは何処で冬ごもりをしているのでしょう・・・?
卵や蛹はどこに隠れているの?

その年の被害としては、第一世代より第二世代の被害にほうが大きいそうです。
今のうちに出来ることはないものかと調べてみました。

  ライン  ライン
  ■イラガ(通称:電気虫)
  今年一番発生していました。
写真左:イラガの幼虫
イラガの幼虫 電気虫

イラガの繭 庭木の枝に、イラガの繭を見かけることがあります。
この繭はスズメの卵に似た形で硬くて灰白色、黒条紋を備え、
内部で前蛹(蛹になる前のステージ)が越冬しています。
イラガは日本に17種生息するイラガ科仲間の代表種で、北海道・本州・四
国・九州に広く分布しています。
イラムシと呼ばれる幼虫はカキ、サクラ、ウメ、クリなどの葉に夏季現れる衛生害虫です。
イラムシの肉質突起には多くの毒棘があり、触れた瞬間に激しい痛みをともなう皮膚炎を起こすので、
「三年疼き」という方言があります。電気に触れたような痛みから電気虫とも呼ばれています。

イラガは三段がまえの越冬戦略をもっています。まず、丈夫な繭の殻は、前蛹を低温から守る防寒具です。
次に「過冷却」の状態で休眠します。これは、凍るはずの温度でも凍りださない現象です。
体にためこんだ不凍液のために、マイナス20度に100日間さらされても、春になれば変態を再開して
蛹になり成虫が羽化します。さらに三番目の戦略は、「細胞外凍結」です。マイナス20度以下では、
それまでの過冷却を保てなくなって体内に氷ができます。しかし、細胞の隙間を満たしている体液は凍っても、
細胞の中までは凍りません。細胞は凍結せず厳冬期を生き抜いていけるわけです。
イラガが北海道の北部からシベリアにまで分布を広げているのは、驚くべき越冬戦略の持ち主だからでしょう。
                                
※イカリ消毒さんのHPより一部引用
イラガの卵写真左:イラガの卵
   ※蛹の中の前蛹は魚釣りのエサになるそうです。
 イラガの繭づくり  こちらをクリック家のまわりの生き物たちのホームページへ
CRIMSON Systemさんではイラガが繭を作っている様子を紹介しています。
  ライン ライン
 ・・・イラガの天敵について
ヤドリバエ

ヤドリバエがイラガの繭の中に
写真提供はblog花のある暮らし
K's Natural Living
食事中のカマキリ
イラガの幼虫を食べるカマキリ
 
イラガの天敵にはカマキリやヤドリバエなどがいます
そして近年増加しつつあるのがイラガの繭に寄生する外来種のイラガイツツバセイボウです
(蜂の仲間で「青蜂」と書きます)


左のセイボウは数匹でイラガの多発地帯をうろついていました。



「イラガイツツバセイボウ」はイラガの繭に穴をあけ、繭の中に産卵します
孵化した幼虫はイラガを食べて育ちます
イラガは繭のてっぺんを大きく、くり抜いて誕生するのですが
イラガイツツバセイボウは、繭の横など、全く異なる場所に小さめの穴をあけて
イラガの繭から誕生します
繭を見ればどちらが誕生したのかがすぐにわかるそうです
  ライン ライン
 アメリカシロヒトリの成虫
 ■アメリカシロヒトリ
  毎年必ずといって良い程見かける白い毛虫です。
  
産卵しているアメリカシロヒトリ
葉に卵を産みつけている
アメリカシロヒトリの巣

アメリカシロヒトリの巣2
小さな幼虫が天幕の中に集合している

 
 
桜の害虫として有名ですが、桜以外にも百数十種の広葉樹の葉を食べ、果樹の害虫にもなります。
アメリカシロヒトリはチョウ目のヒトリガ科に属するガで、体長約30mm、通常は年2回の発生で、本州南部では3回発生する地域もあります。
蛹で越冬、成虫は300〜800個の卵を葉裏に産みつけ、幼虫は3齢まで薄い糸を張ってその中で集団生活し、4齢以降は分散して葉を食害します。
外来種で日本には第二次世界大戦直後にアメリカ大陸から持ち込まれ、その後急速に分布を拡大しました。

卵の付いた葉を見つけたら取り除きます。
幼虫が小さな時期は糸で造った天幕の中に集合していて外から見つけやすいので、その部分の枝を切り落とし、駆除剤を噴霧するか、焼き払います。
幼虫が大きくなると分散する習性があるため、庭に植えてある樹木に幼虫が見られたら、早めに駆除します。
成虫は照明に誘引されて飛来するため、照明を変えます。


  ライン  ライン
 アメリカシロヒトリの幼虫 毛虫  
アメリカシロヒトリの発生周期   
 蛹(さなぎ) 越冬   約半年
 成虫 5月中旬〜6月上旬頃  寿命は約10日間 
 卵  約10日間で孵化  
 第一世代幼虫 6月中旬頃〜7月下旬頃  30〜35日間 
 蛹(さなぎ) 約14日間で羽化   
成虫    約10日間 
 卵 約10日間で孵化   
 第二世代幼虫 8月中旬頃〜9月下旬頃  30〜35日間 
 蛹(さなぎ) 越冬  約半年間 
  ライン ライン
 ・・・アメリカシロヒトリの天敵について
シジュウカラ
シジュウカラ 

スズメ
スズメ

スズメバチ
スズメバチ
 

環境の事を考えると、自然の力を取り戻す事が本当に大切だと思います。
自然界には弱肉強食など食物連鎖が存在していて、このサイクルが正常に機能していれば
病害虫の脅威に怯えることもないのでは・・・と切実に感じています。

アメリカシロヒトリの天敵は、ジジュウカラです。シジュウカラは、「すずめ」の仲間です。
アメリカシロヒトリは無毒なので、餌になります。
巣箱を置いて、シジュウカラが住んでくれると近辺の環境はぐっと良くなるそうです。
そしてもうひとつ、スズメバチも天敵です。

アメリカシロヒトリは広葉樹であれば、どんな樹木でもたかってきます。

国内でも過去に大繁殖して被害が拡大したことがありました。

アメリカシロヒトリが減った理由は、ひとえに、シジュウカラおかげです。
更にスズメバチのおかげで異様な繁殖は減りました。
スズメバチは怖いので、シジュウカラに期待したいところです。


  ライン ライン
 鳥の巣箱  そして・・・シジュウカラ用の巣箱を作ってみる?スズメの子育て
  巣箱の大きさ (シジュウカラ・スズメ用) 縦15cm 横13cm  高さ20cm  
        入口の穴直径2〜3cm
 シジュウカラ用の巣箱  
  ■注意すること
  
  ・工作の腕前は問われません。多少のゆがみや雨漏りはガマンしてくれます。
  ・入口はなるべく高い位置につけます。・・・取り付け用の紐を通す穴をお
   忘れなく。
  ・底の四隅に小さく水抜きの穴を開けておきます。
  ・なるべく11月末頃に木に取り付けます。寒い冬のねぐらに使うこともあ
   るので・・・
  ・出来るだけ木の高い所に取り付けます。
  ・一年経って、秋になったら巣箱の中身を捨てて掃除してあげてください。

   
  TOPへもどる
EM環境活動へもどる