有用微生物群とは?


有用微生物群(わかりやすく説明すると善玉菌のこと)
EMとはEffective Microorganismsの略語です。

自然界にいる微生物の中で、有機物を発酵したり、太陽エネルギーを固定したりする微生物の総称です。
乳酸菌や酵母菌、光合成細菌など善玉菌と呼ばれている微生物です。

元々土壌に棲んでいる微生物の中から、植物の成長を助けたり、枯れた植物を分解して土壌の栄養をして
循環させる働きや環境を良好に保つ働きをもつ微生物を集めて培養したものです。

これらの微生物は互いに助け合い、共存共栄していくことができます。

EM研究所では、有用微生物のこうした特徴を利用して、遺伝子操作で人工的に作られた微生物ではなく、
人間や農業、環境にとって有用な乳酸菌、酵母、光合成細菌などを複合培養した
土壌改良微生物資材のEM1を製造しています。

EM1の製造過程には化学合成物質は使っておりませんので、
有機農産物の日本農林規格(有機JAS)の使用可能な土壌改良資材に適合しています。
 

有用微生物群に出来ること


森林などには長年、枯葉が降り積もって分解され、また降り積もって分解を繰り返した栄養豊な土壌に
なっています。
健全な土とは、これら枯葉などの有機物とそれを分解して循環させる微生物が働いて上手くリサイク
をしています。

一方、近年の田畑では、殺菌剤や消毒、殺虫剤や農薬、合成肥料などを使用してきた事と、酸性雨や排
気ガスなど大気汚染などの悪影響で土壌に棲む微生物が減少してしまっているそうです。

健康な土壌で植物を育てると嬉しい事が! 

ご注意 
  微生物がちゃんと定着するには環境にもよりますが時間がかかるので
  即効性は期待できません
のであしからず
  日々の水やりや葉面散布など愛情を持って育ててください。

年数を重ねるごとに土壌の奥深くまで有用微生物群が定着すると、
土がフカフカになって植物の根張りが良くなります。
根張りが良くなると根から栄養素を沢山吸収しやすくなります。
健康な土壌や健康な植物は病害虫が発生しにくいのは、人の健康と同じですね。

枯葉などが分解せずに腐敗したりすると、
腐敗した環境が好きな虫やカビなどが繁殖することも・・・(゜o゜)


善玉菌が活躍すると、植物や動物を元気にしてくれます。
そんな有用な微生物の集まりが有用微生物群なのです。
健康に良いと言われる酵母や乳酸菌などそれぞれ働きの違う微生物が入っています。

有用微生物群の種類とその働き


善玉菌には沢山の種類が存在します。その中でも主な種類を紹介します。


光合成細菌
有害物質からビタミンや植物の養分を合成する
EMの中の主役です。


酵母
ビタミンや生理活性物質を作り出し、
植物や他の有効菌の活性化を促進します。


乳酸菌
有機物の腐敗を防ぎ、発酵を進め、
有効な成分にする働きをします。


放線菌
抗生物質を生成し、病原菌を抑制したり、
難分解性に有機物を分解したりする働きをします。


糸状菌
デンプンやタンパク質を分解し、
酵母などの有用微生物の増殖や発酵のための栄養素を供給します。





善玉菌の活躍


いろいろな所で活躍しています。

農業で


畑の土壌を改良して、病害虫に強い植物が成長するのを助けます。
農薬や化学肥料を使わなくて済みますね。
しかも!とっても美味しい野菜や果物が出来るよ!
これは植物本来の力が引き出されているから栄養価だって満点!




畜産で

家畜のエサや飲み水に入れることで糞尿の悪臭を抑制したり
家畜の病気が減り、健康になるので薬物の使用量も減るよ!
環境が良くなって家畜のストレスも減るよ!
畜産品の品質を高めて美味しいお肉や卵・牛乳に!




水質の浄化に
浄化槽に入れたり、洗濯や掃除に使うと
下水を再利用できたり、
汚染された河川・湖沼の水がEMのチカラで
魚の住める水に蘇ります。




生ごみの処理に



生ごみにEMを混ぜて処理すると
良質な堆肥になるよ!







EM(有用微生物群)の事をもう少し詳しく・・・


地球に住んでいる小さな生き物

今、地球には少なくとも約300万種類の生き物がすんでいると言われています。
哺乳類は4300種、生き物全体のわずか0.1%にすぎません。

微生物が地球上のあらゆる場所に、そしていろいろな生き物の体内や体の表面にも住んでいます。

微生物は地球の環境や地球上のすべての生き物の活動に深くかかわっています。



自然界のなかには多種多様の微生物がいます。

森林などの落ち葉が積もった土壌等には微生物は豊富に存在し、
土1g当たり1〜10億もの微生物がすんでいます。

これらの微生物は、枯葉や枯れ木などの有機物を分解したり、合成したりして
土壌を肥沃にする働きを持っています。

一方、人の身体にも種々雑多な微生物が100兆個、腸内には100種類以上の細菌(総重量約3kg)
皮膚1p四方には20〜30万個の微生物が棲みついているといわれています。

このように人間と微生物とはとても深い関係にあります。


大気には数百〜数千個の細菌細胞やカビ胞子が飛んでおり、
室内の空気ではその密度は更に高くなっています。

もちろん前述のように大気だけでなく、土壌にも河川にも海洋にも微生物が棲息し、
様々な働きをしています。

大昔から微生物が地球の大気、土、水と深く関わっており、
微生物のおかげで私達の住む現在の地球環境が築きあげられてきたと言えます。

従って、これら微生物を皆殺しにして無菌状態で生活することは無理なことです。
敵対するのではなく、上手に付き合って微生物を見方につけるよう工夫することは
自然と共有し、より快適な生活を送るうえで有益なことです。
人間にとって良い働きをする微生物を善玉菌
悪い働きをする微生物を悪玉菌と呼ぶと下の図の様になります。








 

EM(有用微生物群)にできること


EMの作りだす物質がダイオキシンを分解してくれる!

最近の研究で、EMの作りだす物質が有害物質のダイオキシンを分解していることが分かってきました。
ダイオキシンは、ベンゼン環を核として、塩素イオンがくっつくことで発生します。
EMに含まれる成分が、塩素イオンをベンゼン環につかないように働いて、ダイオキシンを抑制します。

生ゴミを減らすのも大切だけれど、生ゴミを再利用するのも重要!

生ゴミを利用して作るのが、EM生ゴミ発酵肥料です。
その中には、植物の肥料となる発酵肥料と、下水口に流すだけで水をきれいにしてくれるEM発酵液が出来上がります生ゴミの賢いリサイクル方法です。



 
 



 



       

       


EMのご購入はこちら

 実際にEM菌を培養して使ってみよう!

その他 EMの使い方

使用する量や使用方法などお問合わせは
有限会社 フォレスト


お電話でのお問合わせは
048-526-4817