本文へスキップ

EM環境活動 有限会社フォレスト

  

2012年度むしたいじ 桜並木害虫発生状況等調査報告
HEADLINE

2012 活動報告  
毎週元荒川の桜並木をぐるっと一巡して観察 病害虫の発生状況等を調査しています。


年から効率よく害虫駆除剤を散布しようという事で、
基本的に毎週、元荒川の散布地域を散歩がてら観察しています。

年は何だか様子が変わって来たように感じます。
それは・・・EM(有用微生物群)の力を実感・・・もともと自然界に沢山存在してきた微生物たちが
      十分増えてきてしっかり働いている様子です。

歩していて思った事は・・・動植物が豊富になってきて、空気も森林に分け入った時の匂いがしてきました。

常気象? も気になるのですが、お天気とスケジュールと相談していきます。



2012年5月16日(水) 
    午前11:00 晴天 強風 河川付近は北西のひんやりした風が吹いていました。

 まず吹上橋のあたりから観察開始
 すると例の3羽に遭遇 のんびり散歩中でした。 

 先週散布したばかりなので、葉っぱには虫食い跡がありましたが
 害虫の姿は見られませんでした。
 吹上本町5丁目公園の桜で樹の上の蛇を発見。
 


新緑が綺麗でしたがちょっと気になることも発見しました。
樹液が数か所から出ている樹がありました。
もしカミキリムシやコスカシバ蝶の幼虫による食害ならば対処が必要です。

         元荒川の桜→
コスカシバの成虫   虫糞と樹液
(上の写真2枚は桜の病害虫を調べていて見つけたもの・・・元荒川の桜がどうなっているかはまだ不明)

2012年5月31日(木)
  曇天 涼しい朝でした。 昨日は蒸し暑く蚊も発生していました。

  
グミの実が赤く色づいていました。  目立つ食害もなく、綺麗な緑でした。 気になるのは樹液・・・


 2012年6月6日(水)

  
何か所かに毛虫の巣が見つかりました。 今年は寒い日が続くので毛虫の発生が遅い様です。 写真右は何かの蛹?

ちょっと気になる枝がありました。 こうやく病?(アブラムシの糞を栄養として発生する病気)
こう薬を貼ったようにべったりと枝に貼りついています。
 写真左は散布地域で灰色っぽい  
                 写真右は散布していない公園の桜の枝で真っ白


 2012年6月12日(火)
 午後から雨の予報 早朝

  
巣から這い出した毛虫 あ〜今散布しておきたい・・・と思いました。 数か所に茶色い巣の食害が見られました。

下の2枚の写真は、枯れ木や倒木を分解する
ヒイロタケというキノコの生えた同じ樹を撮影しました。
左は今年の6月 右は昨年の7月に撮影したものです。 今年は樹勢が回復したのか新しい樹の芽が沢山出ていて、
逆にキノコが枯れています。 
左は今年 右は昨年7月に撮影した同じ枝 


下の写真は今年、上の撮影場所とは違う対岸の枯れ枝にびっしりついたヒイロタケ。撮影日は2012年6月13日
この樹の枝が何故枯れてきたのかは不明です。樹齢? 他にも剪定した樹の枝は枯れてきているものもありました。




  桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿・・・とかいう諺のとおり、切ってはダメってい  うことでしょうか。
  因みに上の諺の意味は:桜は切ると腐りやすく、梅は適度に切らないと無駄  に伸びて翌年花が咲かない。・・・という意味です。






 2012年6月13日(水)

害虫駆除剤を散布している所を撮影しながら、前から気になっていた樹液が浸出しているところを観察してみました。
  樹液の所を穿ってみたら穴が!

  別の樹液の所には1.5p位の幼虫が!!!


  樹の粉が積もっている所にはの巣

これも気になる白いのはキノコ?
  
サルノコシカケの幼菌でしょうか・・・
結局、樹に寄生しているキノコというのは、長年かけて樹を枯らそうとしているらしい・・・です。
でも、寄生している樹が元気で病虫害が少ないとキノコも良く育つらしい・・・です。
見つけたら喜んで良いのか悪いのか・・・^^;

 2012年6月19日(火)
曇天 台風4号接近中で午後から大荒れの予報 風はあるけれどムシムシ
  
前の週に散布してしっかり食害はくい止めた様子です。 新しい巣が少しだけ見られました。
  
12日にも掲載したキノコのついている枝  写真中は未散布地域の桜の巣  左は散布地域の桜葉 右は未散布地域

 2012年6月26日(水)
晴天 昨日は肌寒かったので爽やかな朝です。
  
桜の下の植え込みにも毛虫の姿と巣がありました。           上は巣から這い出してモリモリ食べる幼虫
  
新しく孵ったアメリカシロヒトリ   今年初めてのトンボ         蜘蛛の巣かと思ったら毛虫の巣
                                    小さく見える粒々は2_位の毛虫


 2012年7月10日(火)
  
巣にはたっぷり散布したので何もいませんでしたが、樹の下の方に食害が見られました。3〜4cm位に成長した毛虫も
  
ヒイロタケも白くなっていた     桜橋から上流            植込みにもアメリカシロヒトリ

 2012年7月24日(火)涼しい曇天の朝
  
水が半分以上干上がっているのは初めて 何かが喰ってる・・・姿は見えず  未散布地域の桜にはカメムシが!
この所、雨がほとんど降っていない                  よ〜く見たら小さなカメムシの形でした
  
カラフルな毛虫が数匹        茶色い電気虫の繭を発見      水質が心配・・・油が浮いていました
                
 
調べたら「ドクガ」の一種で キドクガ か モンシロドクガ の様です。良く似ていて???
 撮影した数匹は繭を作り始めている所でした。 葉を丸めて蜘蛛の巣の様な糸に包まれていました。
 上の写真の食害の犯人はこの毛虫かもしれません・・・
もしモンシロドクガなら 幼虫は極めて多数の微細な毒針毛を持ち、蕁麻疹様の皮膚炎を起こす。痒痛感激烈で治癒に約10日程かかるそうです。
下の写真は キドクガ

 


 2012年7月31日(火)連日の猛暑に桜もグッタリの朝
  
川の水位も低い。   枯れた枝も見られる。  あちらこちらに虫食いがあるが、害虫の姿はみられませんでした。
こんなに雨が降らないのは初めて・・・桜の葉も元気が無くてかわいそう。

 2012年8月7日(火)涼しい風が気持ち良い晴天の朝
  
蝉が沢山             吹上橋〜鉄橋までの地域には新しいアメリカシロヒトリの巣が多数あります

 下の2枚の写真は同じ枝についたヒイロタケの様子
      
 6月の様子                 8月には枯れて落ちてきている
 乾燥・猛暑・そしてEM(有用微生物群)の効果でしょうか。これで樹勢回復するのか楽しみです。

有限会社 フォレスト

本社
〒360-0012
埼玉県熊谷市上之2870-3

TEL 048-526-4817
FAX 048-527-0147
mail: f-info@forest-yt.co.jp

東北営業所
〒987-2133
宮城県栗原市高清水桜丁12-17
TEL 090-4550-5116

千葉営業所
〒270-1153
千葉県我孫子市緑2-11-33
TEL 04-7183-7747
FAX 04-7183-7747